被曝予防に花粉マスク有効 セシウム通さず 朝日新聞

被曝予防に花粉マスク有効 セシウム通さず
 花粉用マスクをつければ、浮遊しているセシウムをほとんど吸い込まずにすみ、内部被曝(ひばく)量を減らせるとの実験結果を、東大アイソトープ総合センターなどがまとめた。30日に横浜市で開かれた日本放射線安全管理学会学術大会で発表された。

 同大の桧垣正吾助教は、福島第一原発事故直後の3月15日午後3時から翌日午前9時までの18時間、東大本郷キャンパスで、市販されている不織布の立体型マスクを着用した。

 花粉やほこりに付いて、空中を浮遊している放射性物質と、マスクに付着した放射性物質の量などを調べた。この結果、花粉用マスクで、セシウムのほぼ全てを吸い込まずにすむことが確認された。マスクに付着した放射性物質の量から換算すると、仮にマスクをせずに体内に吸い込んでいれば、内部被曝は9.3マイクロシーベルトに相当していた。

 来春、スギ花粉からセシウムが検出される可能性も指摘されており、林野庁は今秋から実態を調べている。桧垣さんは「除染の際も、放射性物質が舞い上がる可能性がある。気になる人は、マスクを着用すれば防げる」と話している。(岡崎明子)朝日ネット
*****************************

わたしは、毎日マスクをしています。わたし自身、今年の4月に鼻のポリープ手術をしたものですから、マスクは手放せません。夏はマスクをすること自体が大変だったのですが、この季節になるといいですね。効果についてはさらにいろんなことがわかるでしょう。

ヒジカタ
[PR]
by mukoudaichou | 2011-12-02 22:08


<< 小児科医 山田先生から みなさまへ 放射線測定 11/26 はれ ... >>